初めまして。株式会社トリガーです。女性が使っても安全なチップソーをお手頃なお値段でお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

真剣 125×1.3×42 薄切り 集塵テスト(切断材料:石膏ボード)

皆様こんにちは。

連日真夏日が続いていますね。
熱中症で倒れないよう、水分補給と塩分補給をこまめに行って、体調に気をつけて安全に作業して下さいね。


さて、前々から告知していた【「真剣125×1.3×42薄切り」を電池が切れるまで切断し続けるテスト】ですが、やっと集塵機が整ったのでテストをしてみました。
ですが!結果の前に、一つお詫びをしなくてはいけません。
今回、集塵機を付けて作業をする予定だった「日立コードレスチップソーカッタ[CD14DSL] 充電用丸鋸125mm用」が集塵機に対応しておりませんでした。申し訳ございません。
その代わりに、同じ外径を装着できる[makita KS5000FXsp 125mm防塵丸鋸 AC電源]を使って切断をしました。
AC電源とはバッテリーではなくコンセントを使用するものです。そのため本テストは“電池が切れるまで”では無く“定数量カット”という形でテストを行うことにしました。
弊社の都合でカット数は50カットと前回よりも少ないカット数とさせて頂きます。
このような形ですが、ご容赦願います。


前置きが長くなりましたが、ここから本題へ入って行きましょう。

今回テストする製品は「真剣125×1.3×42薄切り」です。
真剣125×42薄切り_2012_06_19



先ほども紹介しましたが、使った工具は
[makita KS5000FXsp 125mm防塵丸鋸 AC電源]
cuter_2012_07_25


と合わせて集塵機
[makita 475SP(p)] 接続しているホースは[No.A33532 38mm-2.5m ホースコンプリート]です。
cleaner_2012_07_25


早速、取り付けてみました。
ketugou_2012_07_24



50カットをしてみて、
setudango_2012_07_25


切断面がこちら
setudanmen_2012_07_25


防塵カバーを使用後がこちらです。
cuter_after_2012_07_25
多少なり切り粉つきますが、凝固して回転を阻害する様な状態ではありません。



集塵機有無で私の体感ですが、比較的大きな差が出ました。
前回集塵機を使わないで切断しましたが、切り粉がチップソーカッター内にこびりついて凝固してしまい回転がし辛くなりました。DC電源という事もありますが終盤では若干重い感じがしました。
今テストは上記の様な事がなく、集塵機が切り粉を詰まることなく吸引してスムーズな回転を保っていました。AC電源という事もあり、終止変わらずの軽さで切断できて驚きました。
私見ではございますが、DC電源よりもAC電源の方が切断しやすかったです。


同じ外径で比較した時に、
切断面を気にするのであれば今回の「真剣125×1.3×42薄切り」を、
サクサク切りたいのあれば前記事で紹介した「ウッドソー125×28(刃厚1.2)」を
おすすめ致します。


集塵機を取付するに当たって、ホースの中に石膏ボードの保護紙が詰まってしまうのではないかと懸念されましたが、実際にやってみると、調子良く吸ってくれたので全く気になりませんでした。
テストの形式は変わってしまいましたが、使う電動工具による切り粉の量はほとんど変わらない結果となりました。


本商品にご興味がございましたら、下のバナーからオンラインショップをチェックしてみて下さい。




 




(株)トリガー 広報部

トリガーショップ
オンラインショップはこちらへ 

5,000円以上お買い上げで送料無料!

スポンサーサイト
2012-07-25 : 真剣 :
Pagetop

パワーチップソー255×40 再テスト

皆様こんにちは。

とうとう7月に突入して夏到来ですね!暑い中、屋内・屋外問わず現場で作業している方は熱中症に注意して作業して下さいね。

前回の石膏ボード切断の記事では「真剣125×1.3×42薄切り」を電池が切れるまで切断し続けるテストを告知しましたが、都合により草刈チップソーの切断テストを行うことになりました。まだ少しの間お待ち願います。

切断テストを実行した日は晴天で太陽の照りつける真夏日でした。この環境で刈払いを続けるのは、体力的にも精神的にとてつもない負担がかかります。作業している方を本当に尊敬いたします。

さて前置きが長くなりましたが、商品紹介に参りましょう。





今回紹介するのは「パワーチップソー(255×40P)」です。

パワーチップソー商品_2012.06.01

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、この商品は以前紹介しております。諸事情がございまして刈払いをする時間があまり取れませんでした。そして今回みっちり刈払いを行って性能テストをして参りました!


作業した場所は前回と同じ、第一級河川の「天竜川」河川敷です。


では早速取り付けして刈ってみましょう。
刃の装着_2012.06.01


早速パワーチップソー(255×40P)を取り付けし、慣らしでサクッと刈払いをしてみました。雑草は大体150cmくらいの高さです
さくっと_201.07.05
切れ味は上々です。


前回はここまでで終わっていましたが今回はがっつり雑木も行ってみます。
雑木_刈払前_2012_07_05



幹はφ20~30mmくらいで雑草に比べれば多少力はいりますが、容易に刈払いできました。
雑木_刈払後_2012_07_05

大体φ15mmくらいあるざつもくも容易に切れました。
木片_2012_07_05


さて皆さん、砂利道での刈払いでチップが飛散してしまってお困りではないでしょうか?ここからが石に強いパワーチップソーの本領発揮です!
パワーチップソーは石に当たっても基板が刃をガードして、刃が飛びにくい形状になっています。
あぜ道_刈払前_2012_07_05


砂利道なだけあって草むらの中も石がたくさん転がっていました。そんな中これでもかと強引に石に当てながら行ってみました。作業していると石が飛んできますので、刈払いを行う際には取扱説明書を熟読して安全に作業して下さいね。


石にガンガン当てながら刈払いを行ってみました。
雑木_刈払後_2012_07_06

刈払後分かりましたが、草むらの中も結構な石の量でした。



あまりに強引にぶつけ過ぎてチップの先端が多少なり欠けていますが、普通に作業する分には問題ない耐久力です。
今回のテストと実際に作業するとでは比較的と少ない時間でしたが、石に当たる回数自体は同じくらいだと思います。

刈った後の刃がこちらです。
パワーチップソー_切終わり_2012_07_05



今回使った刈払機は前回同様の用する刈払機は株式会社やまびこ(旧:共立エコー)の「AT221G」排気は21.2ccですが、本来25cc以上の刈払用チップソーでも容易に刈払いをすることができます。また、パワーチップソー255×40に排気量としても最適です。
刈払機_2012.06.01



最後にちょっとした宣伝ですが、株式会社トリガーはこの天竜川のすぐ傍にあります。直接販売も行っておりますので、近くまで来たらお気軽に寄ってみて下さいませ。

そしてこの「パワーチップソー(255×40)」はただ今セール中です。ご興味がありましたら下のバナーをチェックしてみて下さい。




 




(株)トリガー 広報部

トリガーショップ
オンラインショップはこちらへ 

5,000円以上お買い上げで送料無料!
2012-07-06 : パワーチップソー :
Pagetop
ホーム

プロフィール

trigger

Author:trigger
安心安全チップソー販売会社

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。